iPhoneが世界スマートフォン市場で出荷台数3位に後退 ファーウェイが40%増で2位浮上

記事まとめ

  • 米アップルは今年(2018年)4〜6月期のiPhone販売台数が4130万台になったと発表した
  • アップルはこの4〜6月期の世界スマートフォン市場で出荷台数の順位が3位に後退した
  • 首位はサムスン電子、2位はファーウェイ、中国シャオミと中国オッポがアップルに続く

「iPhone」、世界スマホ市場で3位に後退  中国ファーウェイ、アップルとサムスンへの脅威に

 米アップルは今年(2018年)4〜6月期の「iPhone」の販売台数が4130万台になったと発表した。

 1年前の同じ時期の販売台数は4102万6000台だったので、わずか1%の増加にとどまった。しかし、昨年11月に市場投入した高価格端末「iPhone X」や、最近力を入れているサービス事業などが好調で、アップルの売上高は4〜6月期として過去最高の532億6500万ドルとなった。前年実績と比較し、17%の増収だ。

ファーウェイ、40%増で2位に浮上

 一方、アップルはこの4〜6月期の世界スマートフォン市場で出荷台数の順位が3位に後退した。米国の市場調査会社IDCによると、アップルは2010年4〜6月期以来、常に出荷台数のランキングで上位2社に入っていた。しかし今年4〜6月は、中国ファーウェイ(華為技術)がアップルを抜いた。

 今年4〜6月期の出荷台数ランキングを見ると、首位は韓国サムスン電子。2位、3位はファーウェイとアップルで、これに中国シャオミ(小米科技)と中国オッポ(広東欧珀移動通信)が続いている。

 このうち、サムスンの出荷台数は7150万台で、2位以降を大きく引き離している。ただ、その台数は1年前から10.4%減少。これに対し、ファーウェイの台数は5420万台で、同40.9%増加した。

アップル、今年も10〜12月期に盛り返せるか?

 別の調査会社であるカナリスも同様のレポートを公表している。

 これを見るとよく分かるが、アップルの出荷台数は、毎年10〜12月期に大きく伸びる。過去2年では、この時期にサムスンを抜いて1位に浮上した。そして、翌1〜3月期になると減少に転じ、4〜6月期には最も落ち込む。その後、新製品の発売時期である7〜9月期に盛り返しが始まる。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)