世界タブレット市場、引き続き前年割れ  出荷台数が伸びたのはアップルとファーウェイのみ

 米国の市場会社IDCによると、今年(2018年)4〜6月期におけるタブレット端末の世界出荷台数は3300万台で、前年同期から、13.5%減少した。

このまま推移すれば2018年も前年割れ

 タブレット端末の世界出荷台数は、3年半前から右肩下がりで推移している(ドイツ・スタティスタのインフォグラフィックス)。

 昨年1年間の出荷台数は1億6350万台で、前年から6.5%減少した。また昨年10〜12月期は前年同期比で7.9%減、今年1〜3月期は同11.7%減と、落ち込み幅は拡大を続けている。このまま推移すれば、今年の年間出荷台数も前年実績を下回りそうだ(IDCのレポート)。

(参考・関連記事)「タブレット市場はこのまま萎んでいくのか」

デタッチャブル型が減少に転じる

 今回の最新レポートによると、この市場では、依然として「スレート型」と呼ばれる従来型端末の出荷台数が減少している。

 一方、iPad ProやSurface Proに代表される「デタッチャブル型」(着脱式キーボードが用意される製品)は、これまで増加傾向にあり、市場全体の減少幅を縮小させる役割を担っていた。

 しかし、4〜6月期はデタッチャブルも減少した。IDCはその要因について、1年前に出荷台数が大きく伸びたことの反動だと分析している。1年前のこの時期は、注目されるデタッチャブルの新製品が数多く登場したが、今年は、それがなかった。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)