韓国の新潮流:ラブソングを大合唱する子供たち ネットやテレビで大フィーバー、親は歌詞の内容に困惑

 日本と同じように少子高齢化をたどる韓国。少子化に伴い政府では様々な政策を打ち出すがあまり効果をあげてはいない。

 しかし、生まれた子供たちは、彼らなりに様々な流行を作り社会現象を生み出している。

 最初の社会現象としては、「ポロロ」という韓国のアニメキャラクターの登場であった。

キャラクターブームは外国製から国産へ

 それまでキャラクターは日本や米国のキャラクターが韓国市場を独占していたが、「ポロロ」が登場してからは韓国では韓国生まれのキャラクターが市場を占めるようになった。

 ミッキーやミニー、キティちゃんなども頑張ってはいるが、それほど喜ばれるものではないらしい。

 特に、ポロロは小学生以下の子供たちから絶大な人気を博し、別名「ポ統領」と呼ばれた。「ポロロ」と「大統領」をかけ合わせた造語である。

 その次は、ネットで子供の玩具で遊んでくれるお姉さんの登場だ。「ケリーとおもちゃ」でケリー姉さんとして出演してから子供たちから愛された。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)