ソーシャルメディアはピークに達したのか?  各社のサービス、利用者数の伸びが軒並み停滞

 ソーシャルメディア大手は、先ごろ今年(2018年)4〜6月期の決算を発表した。これによって、各社が利用者数の伸び悩みで苦戦している状況が明らかになった。

スナップとツイッターの利用者が減少、FBも欧州で減少

 例えば、フォトメッセージングサービス「Snapchat」を運営する米スナップは8月7日の決算発表で、4〜6月期の1日当たりの利用者数が1億8800万人となり、前の四半期の1億9100万人から減少したことを明らかにした。

 米フェイスブックも7月の決算発表で、4〜6月期の欧州における、1日当たりと1カ月当たりの利用者数がともに、前の四半期から減り、北米の利用者数が横ばいになったことを明らかにした。

 米ツイッターは、4〜6月期の1カ月当たりの世界利用者数が前の四半期から100万人減少したと発表した。

 フェイスブックとツイッターはともに利用者数減少の理由として、欧州で5月に施行された「GDPR(一般データ保護規則)」の影響を挙げた。ツイッターは、偽アカウントなどの不正利用対策の影響もあったと説明している。

 こうした突如とした伸び悩みは何を意味するのだろうか。ソーシャルメディアには、もはや新規利用者が入る余地はなく、その成長はピークに達したのかと米CNBCは伝えている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)