iPhoneの販売伸び悩みを解消する秘策?  過去最大画面の新モデル登場か

 アップルは米国時間9月12日に、カリフォルニア州の本社敷地内にある「スティーブ・ジョブズ・シアター」で、新製品発表イベントを開催する。

 この会場で何が発表されるのか、同社は明らかにしていないが、アナリストらは、3種の新型「iPhone」が発表されると見ている。

(参考・関連記事)「スマホ市場はピークに達したのか?」

6.1インチと6.5インチのiPhone登場か

 そうした中、米ウォールストリート・ジャーナルの9月9日付記事も、アップルが今回のイベントで、新型iPhoneを3モデル披露すると報じている。

 ただし、今回は、これまでで最も画面サイズが大きなiPhoneだという。アップルの事情に詳しい関係者らの話によると、新モデルの最廉価版は、6.1インチの液晶ディスプレーを備える。それよりも価格が高いモデルは、6.5インチのOLED(有機EL)ディスプレーを備えるという。

 現行のiPhone 8はディスプレーサイズが4.7インチ。iPhone 8 Plusは5.5インチ。いずれも液晶ディスプレーである。

 また、昨年11月に発売された「iPhone X」の2018年モデルも登場すると関係者らは話している。こちらのディスプレーは、5.8インチOLEDで、現行モデルと同じだが、より高速なプロセッサーが搭載され、パフォーマンスが向上するという。

 2018年版iPhoneは、3モデルの平均画面サイズが、昨年の3モデル平均画面サイズに比べ、23%大きくなる。これを一昨年の平均サイズと比較すると、28%大きくなるという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)