激変するモスクワ、ついに“野外セックス公園”まで登場 新施策を次々打ち出すモスクワ市長のセルゲイ・ソビャーニン氏

 9月18日、セルゲイ・ソビャーニン氏のモスクワ市長就任式が、市の中心部ザリャジエ公園のコンサートホールで華々しく行なわれた。

 ソビャーニン氏は9日の市長選で、7割以上の得票を得て圧倒的勝利で再選。結果の分かり切った選挙だったため、投票率は3割と低かった。

 ソビャーニン氏は従来路線を踏襲し、公共交通の発展、古い集合住宅のリノベーションプログラム、高齢者や障害者への在宅サービスなどに取り組むと表明した。

 筆者自身も5年間暮らしてみて、特に公共交通の面でモスクワが驚くほど便利になったと感じるのは確かだ。

 それがすべてソビャーニン氏の業績かというと疑問が残るが、市長選前後のモスクワで、目にとまったことを書いてみたい。

ザリャジエ公園

 就任式の舞台となったザリャジエ公園は、米タイム誌の世界の名所100選にも入った最新の観光名所で、筆者も5回ほど訪れた。

 週末には座る場所もないほど家族連れやカップルであふれ返っている。クレムリンからも目と鼻の先、川沿いというロケーションも抜群で公園としては最高だ。

 19世紀初め、この場所にはモスクワで唯一のユダヤ人街があった。1967年から2006年まではロシアホテルという超巨大ホテルがあった。

 その後長らく空き地になっていたが、ウラジーミル・プーチン大統領の発案で公園を作ることになり、長い建設工事を経てちょうど1年前にオープンした。

 公園は開業から数日の間に散々な目にあった。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)