アマゾン、NYに新業態の実店舗をオープン さらに追求「eコマースとの相乗効果」

 米アマゾン・ドットコムは、このほど公式ブログで、新業態の実店舗をオープンすると発表した。 

四つ星以上の商品だけを販売する「4-star」

 店舗の名称は「Amazon 4-star」。場所はニューヨークのソーホー地区。現地時間9月27日に開店するという。店舗では、その名のとおり、アマゾンのサイトで顧客の評価が、四つ星以上になった商品を取り扱う。

 ここ最近、アマゾンの実店舗展開の話題は、昨年買収した高級スーパーマーケット「ホールフーズ・マーケット」の1割引サービスや、同スーパーの商品を即時配達するサービスなど、食料品関連が多かった。

 しかし、この新業態店舗は、それらとは異なり、電子機器、家電製品、家庭・キッチン用品、おもちゃ、書籍、ゲームなど、食料品以外のさまざまな商品を取り扱う。

 その具体的な狙いについてアマゾンは明らかにしていないが、米ウォールストリート・ジャーナルは、同社が数年来進めている実店舗展開の新たな動きだ、と伝えている。

 巨大な物流施設や自前の物流網を整備するなど、多額の費用をかけてeコマースを拡大し、ライバル企業の実店舗ビジネスを破壊してきた同社は、最近、実店舗展開を加速させている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)