メディア崩壊:ネトウヨに支配され始めた米国 事実確認など無用、噂を“事実”として流し続ける保守系メディア

米国を席巻するカバノー錯乱シンドローム

 今、米メディアは、ドナルド・トランプ大統領が最高裁判所判事に指名したブレット・カバノー・連邦控訴裁判所判事(53)の性的暴行疑惑報道以外眼中にはない状態が続いている。

 トランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談に強い意欲を見せている。しかし、米メディアは上の空だ。大げさな言い方をすれば、「米朝関係」なんかに関心はないのだ。

 「Kavanaugh Deangement Syndrome」(カバノー錯乱シンドローム)という新語が生まれている。

 カバノー氏の性的暴行疑惑によって3権(司法、立法、行政)が入り乱れて大混乱に陥っている症候群を指すのだが、その3権に今や「第4の権力」とされるメディアが加わている。

 ことの発端をこと細かく説明する必要はないかもしれない。

 トランプ大統領が退官した中道派のアントニー・ケネディア最高裁判事の後任に保守派のカバノー氏を指名。これまで保守派とリベラル派が拮抗していた最高裁を一気に保守化させようというのが狙いだった。

 同氏が判事に就任するには上院司法委を経て本会議での可決による承認が必要だ。

 ところが上院司法委員会が審議している最中、カバノー氏が高校生だった1983年にパーティで知り合った女子高校生をレイプしようとしたという疑惑が急浮上した。

 告発したのは、クリスティーン・ブラジー・フォード氏(51)。現在サンフランシスコ近郊のパロアルト大学教授(心理学)だ。

 職業に貴賤の差はないとはいえ、クレディビリティ(信用度)では、トランプ大統領と不倫関係にあり2016年大統領選挙直前に口止め料を受け取ったポルノ女優のスートーミー・ダニエルズ氏とは比較にならないほど高い。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)