こんな時に大韓航空オーナー「姉弟争い」さらに激化 ナッツ姫、外部株主と組んで弟の会長を圧迫

韓国が大韓航空のチャーター便を武漢に派遣 大韓航空会長が搭乗し「売名」と批判も

記事まとめ

  • 韓国政府は大韓航空のチャーター便を武漢に派遣し、合わせて700人を帰国させた
  • 第1便には大韓航空の趙源泰(チョ・ウォンテ)会長も搭乗し、賛否の声が上がった
  • 武漢総領事館に勤務する職員が「便乗行為」と批判し、総領事館が謝罪する一幕も

こんな時に大韓航空オーナー「姉弟争い」さらに激化 ナッツ姫、外部株主と組んで弟の会長を圧迫

こんな時に大韓航空オーナー「姉弟争い」さらに激化 ナッツ姫、外部株主と組んで弟の会長を圧迫

2019年5月2日、裁判所に出廷した「ナッツ姫」(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

 韓国でも、新型コロナウイルスで大騒ぎだ。

 韓国政府は2020年1月31日と2月1日には、大韓航空のチャーター便を武漢に派遣し、合わせて700人を帰国させた。

 第1便には大韓航空の趙源泰(チョ・ウォンテ=1976年生)会長も搭乗した。武漢から戻った趙源泰会長に姉の「ナッツ姫」が強烈なパンチを見舞った。

「なぜ、会長が直々搭乗したのか?」

チャーター便に乗った会長

 韓国でも、武漢居住の韓国人の帰還便に大韓航空の会長が搭乗したことに対しては賛否が分かれた。

 帰還作業に携わった韓国の武漢総領事館に勤務する職員が「便乗行為」と批判する書き込みをSNSにして、後になって総領事館が謝罪する一幕もあった。

 韓国メディアによると、会長自身は、秘書とともに「完全防護」の服で搭乗し、武漢では航空機を降りずにそのまま戻って来た。帰国後には簡単な検査を経て帰宅したという。

「大韓航空の会長として誠意を見せた」という好意的な意見と、「邪魔になるだけの売名行為」という批判的な意見が交錯している。

 とはいえ、武漢へのチャーター便に乗ったことに対しては、大きな批判がその後に高まることもなく、趙源泰会長もホッとしたはずだ。

関連記事(外部サイト)