日本が大好きなロシア人、でもブランドは低迷の謎 サムスン、LGの韓国勢に大きく水をあけられ差は開く一方

 1か月ほど前のことだったと思う。テレビのニュース番組で牛丼チェーンの「松屋」がモスクワで1号店を開店との報道が流れていた。

 お披露目には多くの日本の在莫メディアが駆けつけたのであろうか、ロシアのニュースには珍しく、「松屋1号店開店」のニュースは多くのチャンネルで流れていた。

 ロシアにおいては対日感情が極めて良好であることは筆者の実感である。実際、アンケートの結果からも間違いない。

 日本の外務省が2016年に実施した調査では「日本との関係が『友好関係にある』または『どちらかというと友好関係にある』と回答した人が78%(前回調査時 73%)」、「ロシアにとって日本との友好関係は『重要』または『どちらかというと重要』と回答した人は97%」という結果が出ている。

 またロシアにおける日本食人気が高いこともおそらく疑う余地はないだろう。

 モスクワをはじめ大都市には多くの日本食カフェ、レストランがあり、多くのロシア人が当たり前のように箸を使って寿司(ロールがメインだが)や麺類を食している。

 こうした状況に鑑みると、ロシアに進出した我が国の外食産業は大いに流行っているに違いないと思われるのだが、毎月のように新店舗が誕生するロシアの外食産業界においては比較劣位であることを否めない。

 数年前に華々しくモスクワに進出、モスクワを訪問した世耕弘成経産大臣も立ち寄ったうどんチェーンも当時の勢いは感じられない。

 キオスクが一掃された地下通路に設置された我が国のソフトドリンク自販機の品揃えはかつての日本製から今やロシア製にとって代わられている。

 さらに昔を思い起こせば、焼き立てシュークリームの店、いわんや1990年代にモスクワにドトールコーヒーのカフェがあったことを知る人は今や少ないのではないだろうか。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)