過激に変身したバイデン氏にほくそ笑むトランプ陣営 大統領選で勝てる予想だが、高齢、お触り癖、日和見主義がアキレス腱

民主党候補はいずれも「帯に短し襷に長し」

 民主党穏健派の代表格で、20年大統領民主党候補の最有力視されてきたジョー・バイデン前副大統領(76)が4月25日やっと立候補宣言した。

 これで民主党大統領候補指名争いに出馬した政治家は20人。男性14人(うち1人は性的少数者、黒人1人)、女性6人(黒人1人)となった。

 「いずれも帯に短し襷(たすき)に長し」(米主要紙政治記者白人男性)だ。

 彼によれば(若干独断と偏見があるが)ドナルド・トランプ大統領に勝てる「理想的な候補」の条件はこうだ。

@知名度があり、政治経験(上院議員、下院議員、州知事経験)も豊か。
A一流大学卒、できれば大学院卒。
B軍歴があり、できれば従軍経験あり。

Cキリスト教徒で、できればプロテスタントで月に1度は日曜日に教会に行っている。
D同性愛は嫌いだが、ある程度理解しているし、差別はしない。
E人工中絶や銃規制についてはマイルドな反対派。実際には是々非々の立場。

F社会主義についてはネガティブだが、一応認めている。
G不倫はご法度。離婚体験者もあまり好ましくない。
H非の打ちどころのない人品骨柄、ハンサムで好感度の50〜60代の健康な白人男性。

I今回も女性候補は難しいが、副大統領候補に指名することも考えている。黒人はバラク・オバマ大統領でもうこりごり。主要閣僚に優秀な黒人を入閣させる。

 出揃った候補20人を矯めつ眇めつ(ためつすがめつ)してみてみると、まさに「帯に短し襷に長し」という彼の評価も頷ける。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)