韓国に住む私がパラサイトに目を覆ってしまった理由 エンタメ映画に描かれたリアルすぎる半地下生活

韓国に住む私がパラサイトに目を覆ってしまった理由 エンタメ映画に描かれたリアルすぎる半地下生活

東京で映画『パラサイト 半地下の家族』記者会見に出席したポン・ジュノ監督(右)と主演のソン・ガンホ(2019年12月26日、写真:Keizo Mori/アフロ)

(※)本記事は映画『パラサイト 半地下の家族』のあらすじに関する記述が含まれます。映画を未見の方はご注意ください。

(平井 敏晴:韓国・漢陽女子大学助教授)

 平常心では何とも見ていられない映画だった。

 カンヌとアカデミーで2冠を達成し、今話題沸騰の韓国映画『パラサイト』である。半地下の部屋に住む家族が金持ちの一家にたかるようにしてその豪邸に忍び込み、最後に殺し合いになるという話だ。その金持ち家族のその後は描かれてはいないが、豪邸が売りに出されていたのだから、恐らく家庭崩壊したのだろう。

 でも、そんなことは、ここでは全く重要ではない。私は映画評論家ではないから映画の出来の良し悪しをどうこう言うほどの知識も眼もないし、そのつもりもない。

 ただ、この映画は私が見るにはあまりにも辛い映画だったのだ。

関連記事(外部サイト)