第二の尖閣か、「中国漁船、本日も大和堆で爆漁中」 東アジア「深層取材ノート」(第56回)

第二の尖閣か、「中国漁船、本日も大和堆で爆漁中」 東アジア「深層取材ノート」(第56回)

外国漁船の違法操業を取り締まる白嶺丸:出典:水産庁Webサイト(https://www.jfa.maff.go.jp/j/senpaku/ships/hakurei_maru.html)より

 今週11日から13日まで、57時間39分にわたって、2隻の中国公船(「海警1302」「海警2302」)が、尖閣諸島の領海に侵入したことで、日本では大騒ぎになった。この件について記者会見で質問された加藤勝信官房長官は、「こうした状況が続いていることは遺憾だ。日本漁船に接近しようとする動きを直ちにやめ、速やかにわが国領海から退去するよう強く求めている」と答えた。

 この2隻の中国公船は、日本の漁船を執拗に追いかけ回し、「中国の領海から直ちに出て行きなさい!」と叫び続けたという。漁を終えた日本の漁船が領海から離れると、ようやく中国公船も13日午後8時26分に退去した。

 この間、外務省は3回も中国大使館に抗議したが、「カエルの面に水だった」(外務省関係者)。

 中国は9月、一度も尖閣諸島の領海内に侵入してこなかったため、第11管区海上保安本部(那覇市)は、ホッと一息ついていたものだ。それが、中国で国慶節の8連休(10月1日〜8日)が明けるや、再び日本に「攻勢」をかけ始めたというわけだ。

 だが、尖閣諸島周辺にばかりスポットライトが浴びているが、実はもう一カ所、見方によっては尖閣諸島周辺以上に、日本にとって深刻な状況に陥っている地域がある。それは、第9管区海上保安本部(新潟市)が管轄する大和堆(やまとたい)である。

絶好の漁場「大和堆」を狙う北朝鮮

 大和堆について、環境省のホームページでは、次のように解説している。

<大和堆は、日本海中央部に位置する海底山脈で、最も浅い部分で水深236mであり冷水塊と暖流域との境界部にあたることと相まって、日本海有数の漁場となっている。表層の生産性が高いことから、その有機物の沈降により海底での生産性や生物多様性も高くなるという特徴がある>

 大和堆は、佐渡島や能登半島から約200km離れたところにある日本海沖の海底山脈である。冬の日本海産の海産物の主役であるカニやイカなどは、主にこの漁場で獲られている。

関連記事(外部サイト)