大韓航空、アシアナ買収で韓国航空大再編 政府がまとめて支援、難航予想も

大韓航空、アシアナ買収で韓国航空大再編 政府がまとめて支援、難航予想も

アシアナ航空の歴史に幕が落とされることとなった

 2020年11月16日、韓国政府主導で大韓航空によるアシアナ航空買収を進めることが決まった。

 アシアナの経営悪化を機に始まった韓国の航空再編劇は、新型コロナウイルス感染症の流行という激震を経て予想もしなかった方向で進むことになった。

 1年以上前のことか。まだ新型コロナの流行が始まる前のことだ。アシアナ航空を傘下に置く錦湖(クムホ)アシアナグループの経営難で、債権銀行団などがアシアナ航空売却を検討していた時期だ。

 韓国メディアが有力買収候補と報じていた有力財閥の幹部に、買収意向を聞いたことがある。

政府主導にしり込み

「検討はした。事業としては悪くないが、買収はしない。(買収に)成功しても、後で絶対、あの時の政権の協力を得たと言われる」

 政治リスクが大きいとの判断だった。

 名前が挙がった大手財閥がどこも手を上げない中でアシナ航空の迷走は続いた。

 2019年11月に、建設を主軸とするHDC現代産業開発が2兆5000億ウォン(1円=11ウォン)で買収することで合意し、最優先交渉権者となった。

 たが、その直後に新型コロナの流行で状況は一変する。

 2020年9月、この売却劇は白紙に戻る。このときの仲介役は、最大の債権者でもある国策金融機関、韓国産業銀行(KDB)だった。

関連記事(外部サイト)