論文盗用者を擁護、韓国社会の困った“快感のツボ” ソル・ミンソク氏の歴史講義はなぜ人気を博したのか

論文盗用者を擁護、韓国社会の困った“快感のツボ” ソル・ミンソク氏の歴史講義はなぜ人気を博したのか

論文盗用者を擁護、韓国社会の困った“快感のツボ” ソル・ミンソク氏の歴史講義はなぜ人気を博したのかの画像

(藤原 修平:在韓ジャーナリスト)

 韓国史の「スター講師」が、論文盗用の渦中にある。

 その人、ソル・ミンソク氏については、前回の記事(「韓国、『反日』エスカレートでついに米国も敵扱い」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63593、2021年1月12日)のなかで紹介した。

 ソル氏についてはその記事で終わりにするつもりだった。だが、論文盗用事件を取り巻く韓国社会の反応が興味深いので、彼のことをもう一度だけ取り上げることにした。またその関係上、前回の記事ではあえてスルーしたソル氏の似非(えせ)歴史講師ぶりについても、後半で触れる。

 ソル氏とは、大人だけでなく子どもにもわかりやすい語り口で、古代から現代までの「韓国の歴史」を長年にわたりテレビで講じてきた人物である。韓国近代史で日本のことを語るときには表情をこわばらせて反日感情を露わにする。その反日感情はどんどんエスカレートし、私が視聴した昨年(2020年)末の番組では、戦前の朝鮮半島での日本の“悪行”を見てみぬふりをしたという理由から、反米感情までも煽っていた。

 ところがその放送からわずか3日後の12月29日、ソル氏は自身の修士論文に盗用があったことを認め、すべての番組からの降板を発表したのだ。

日本の朝鮮支配を厳しく糾弾したソル氏

 ソル氏の韓国史観は、韓国的という意味で分かりやすい。朝鮮半島に勃興した国々は、本来は理想とする姿を実現して繁栄を成し遂げるだけの力があったはずだが、常に外国からの力に圧迫されたため、それができなかったというものだ。

関連記事(外部サイト)