国際自然保護連合がキリンを絶滅危惧種に分類 脳や骨髄がエイズに効くという迷信も

記事まとめ

  • 国際自然保護連合(IUCN)はキリンを新たに「絶滅危惧種」に分類したと発表した
  • アフリカ南部などでキリンが増えている地域はあるものの、全体的には急速に減少
  • キリンの脳や骨髄が病気のエイズに効く特効薬になるという迷信も一因だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております