タイでも人気のグランピングをテーマにしたカフェ「グラマラステーブル」がオープン

タイでも人気のグランピングをテーマにしたカフェ「グラマラステーブル」がオープン

グラマラステーブル

 2021年4月16日11時、イオンタウン吉川美南(武蔵野線・吉川美南駅前)2Fに、グランピングをテーマにしたカフェ「グラマラステーブル」がオープンする。

 日本でもタイでも人気が高まってきているグランピング。「グラマラス(魅力的な)」と「キャンピング」を組合わせた造語で「魅力的なキャンピング」という意味になる。

 キャンプだとテントや寝袋、食材など必要な物を持参し、設営や食事の用意などを自分で行うのが一般的だが、グランピングだと施設があらかじめ用意しているため、キャンプ初心者でも十分に気分が味わえる。

 タイでも大自然に囲まれたグランピングを楽しむことのできるスポットも多くあり、タイ国政府観光庁のホームページにもサムイ島、チェンライ、カンチャナブリー、ナコーンラーチャシーマーなどの施設が紹介されている。

 新型コロナ変異種の感染拡大で、旅に行きにくい状況だ。「グラマラステーブル」カフェ内には本格的なグランピング感が味わえるテント席、本場イギリスから取り寄せた家具を使ったバーエリア、ガーデン風のモチーフの席と3つのゾーンがあり、様々なシーンで楽しめる。

 コーヒーは横浜元町珈琲の同店専用のスペシャルブレンドの豆を使用。SCAA(アメリカスペシャルティコーヒー協会)で80点以上を獲得している世界でもトップオブトップに位置するこだわりの豆を使ってる。

 オープンキャンペーンとして、特製グラス(限定80個)をプレゼントする。
【編集:KN】

関連記事(外部サイト)

×