韓国にも、ゴールデンウィークがあった!

韓国にも、ゴールデンウィークがあった!

韓国のイメージ

 2021年5月6日、今、まさにゴールデンウィーク。しかし、昨年同様、いや、昨年以上に、外出制限が出されている日本。それでも、去年は自粛したから、今年は私だってストレスを晴らしたいわ〜という方が多いと感じる。

 ゴールデンウィークは、日本ならではの連休かと思い調べてみた。

…韓国にもあった…おい、真似っこするなよ…。

 5日が「子どもの日」(真似っこすんなって言っているだろう〜)。
 
 6日が「釈迦誕生日」。
韓国は、キリスト教が主流の国だったはずだが…お釈迦様の誕生日は、4月8日のはずだし。旧暦でも、6日は、まだ3月なのだ。韓国独自のお釈迦様がいるのか…謎だ。

 その二日間の前後が、土日連休ならば、四連休になる。

 ゴールデンウィーク的な休みの他に、9月7日から9日までの3連休(曜日によっては、5連休)もある。

 またまた真似っこだが、2014年から、振替休日制度もできた。

 飛行機が飛ばないから、なかなか来られないと思う。しかし、それでもまだ、月数千人単位で、中国人に次いでの来日が許されている。

 日本人の往来だけでも守られていないのに、韓国人まで対応できないから、来ないでね。そして、日本で罹患したから、国家賠償しないでね。今来る、あなたちが悪いのだから。

【編集:fa】

関連記事(外部サイト)

×