中国日通、上海航空でGDP認証を取得

中国日通、上海航空でGDP認証を取得

中国日通が使用する、中国東方航空物流股?有限公司の専用保冷施設

 2021年5月21日、日本通運の現地会社・日通国際物流有限公司(中国日通)は、日系企業として初のGDP認証を取得したことを公表した。

 上海浦東空港CFSで、医薬品の適正流通基準である GDP(Good Distribution Practice)の医薬品の短期保管サービスの提供に関して、中国における日系企業として、初めて認証を取得した。

 世界第2位の中国の医薬品市場は、人口の高齢化や一人当たり所得の増加、それに伴う医療費の増加に支えられて順調に拡大しており、今後さらなる成長が見込まれる。

 中国日通が取得した GDP認証の範囲は、上海浦東空港CFSにおいて輸入航空貨物の空港到着から通関、保税出境まで一連の輸入手配業務となり、保管は2℃〜8℃(冷蔵)、15℃〜25℃(定温)の2温度帯の温度管理機能を備えた中国東方航空物流股?有限公司の専用保冷施設を使用する。
【編集:KM】

関連記事(外部サイト)

×