フィリピン・ダバオ、高齢者(60歳以上)への 新型コロナワクチン接種を開始

フィリピン・ダバオ、高齢者(60歳以上)への 新型コロナワクチン接種を開始

新型コロナ感染状況(フィリピン保健省)

 2021年5月11日、ドゥテルテ大統領の地元・ダバオ市で、60歳以上の高齢者向けの新型コロナ・ワクチン接種が始まった。

 市内の特設接種会場ラナン(SMショッピングセンター)では200人。マティーナ(アプラヤ小学校)で150人がワクチン接種した。5月12日からは、カリナン中央小学校でも接種を開始する予定。接種会場は、来週からさらに拡大する見通しだ。

 ワクチンの接種前には、問診や健康状態をチェック。ワクチン接種後は、30分から1時間、副反応が発生するか経過観察する。93,468人の高齢者がワクチン接種を希望している。医療関係者などへのワクチン接種は月内に完了する見込み。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×