フィリピン「新型コロナワクチン接種」順調に進む

フィリピン「新型コロナワクチン接種」順調に進む

新型コロナの状況

 2021年5月19日、フィリピンでの新型コロナウィルスのワクチン接種は、順調に進んでいる。

 フィリピンには、3,485のワクチン接種会場があり、2021年5月だけでも、3種類のワクチンが国内のさまざまな地域に届けられた。5月20日には、50万回分のSinovacワクチンが、フィリピンに到着する予定だ。

 5月17日現在のワクチンの接種は、3,114,847回。 今月これまでに提供されたワクチンは、スプートニクV、30,000回分。Sinovac、1,500,000回分。アストラゼネカ2,030,400回分。ファイザー193,050回分となっている。

 ワクチン接種は、マニラ首都圏(NCR)とその周辺地域、メトロセブ、メトロダバオでは総力を挙げて進める。

 フィリピン保健省・東ビサヤ事務所によると、5月18日には、中国製のSinovacワクチン28,800回分を入手し、60歳以上の高齢者と基礎疾患のある人への接種を行った。そのほかの地域でもワクチン接種を急いでいる。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×