セブ・パシフィック航空「9機目の、エアバスA321neo」受領

セブ・パシフィック航空「9機目の、エアバスA321neo」受領

エアバスA321neo

 2021年5月19日、フィリピン最大の航空会社セブ・パシフィック航空は、9機目のエアバスA321neoを受領した。

 同社は、二酸化炭素排出量の削減への取り組みとして、25機あるA320のneo型への刷新を行っている。

 A321neoは前世代の航空機と比較して燃料効率が高く燃料を20%削減でき、騒音レベルは約50%低減できる。
 
 セブ・パシフィック航空の最高戦略責任者であるアレックス・レイエス氏は「すべてのお客様に安全で低価格な旅行をお届けするというコミットメントに沿って、長期的な計画を進めております。コロナ禍以前から取り組んできたことですが、今まで以上に、可能な限り効率的で持続可能な運航の実現を最優先課題としていきたいと思います」と伝えている。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)

×