韓国初の「戦闘機KF-21」試作1号機解体・盛大なセレモニーで、文大統領 成果を強調

韓国初の「戦闘機KF-21」試作1号機解体・盛大なセレモニーで、文大統領 成果を強調

 韓国大統領府FBページから【2021年4月9日、慶尚南道KAI(韓国航空宇宙産業)での出庫セレモニー】

 2021年6月2日、韓国初の戦闘機KF-21の試作1号機が、4月9日の出庫セレモニーの後、解体されていたことが分かった。

 盛大に開催された出庫セレモニーには、文在寅大統領も出席して、成果を強調し開発関係者に労いの言葉をかけていた。

 1号機の組み立て作業は2020年9月からスタートし2021年4月に完成。2022年には初飛行の計画だった。解体作業の理由については緘口令が出されている。
【編集:KL】

関連記事(外部サイト)

×