19歳の笹生優花さん、ゴルフ全米女子で優勝 フィリピン国籍初のメジャー制覇で「切手」のモデルに

19歳の笹生優花さん、ゴルフ全米女子で優勝 フィリピン国籍初のメジャー制覇で「切手」のモデルに

(切手のイメージ)ゴルフの全米女子オープンで6日、笹生優花(19)がフィリピン国籍の選手として初めて、メジャー大会の優勝を果たした。

 20211年6月10日、フィリピン国営テレビ(PTV)によると、ゴルフの全米女子オープンで6日、笹生優花(19)がフィリピン国籍の選手として初めて、メジャー大会の優勝を果たした。この栄誉をたたえ郵便切手のモデルにしようとの動きが強まっている。

 笹生さんは東京出身で、母がフィリピン人、父が日本人。フィリピンと日本の両方の国籍をもつ。

【編集:Eula Casinio】

関連記事(外部サイト)

×