日本に居る朝鮮民族の血

日本に居る朝鮮民族の血

韓国のイメージ

 彼の国籍は、どこから見ても疑いないくらい、日本国籍だ。つまり、だれになんといわれようが、日本人ということだ。ただ、母親が、朝鮮籍(深く取材することを拒まれたので、北の人か南の人かはわからない)。しかし、その生涯は日本に居る時間の方が長く、このまま日本で生涯を終える。

 父親には、多くの彼女がいた。父親は、その中から、彼の母親を選び結婚した。10年も持たずに離婚となったが、その後父親は、彼女は持っていても、結婚はしなかった。理由はわからない。彼は、そんな父親に育てられた。狭い町だったから、最初から日本国籍の彼は、母親が朝鮮籍ということだけでいじめられたと言う。じきに、学校に行かなくなり、中2の時から、父親の運転手をして小遣いをもらっていた。まて、日本の法律では、中2・14歳には免許は与えられない。しかし、彼は、運転という犯罪を行っていた。

 高校卒業を待って、彼は田舎町から飛び出し、誰も自分の出自を問わない街で事業を始めた。そして結婚した。妻は子どもを望んだが、彼は日本女性との命の誕生について、国に反すると考えた…国って、どこ? 。

 しばらくして、事業が傾き、妻ともうまくいかなくなり離婚と倒産がダブルで来た。彼は心を病んで、病院の閉鎖病棟に入院した。でも、彼はこの病院は日本人が経営している。毒を盛られる危険性があると、逃げた。辿り着いたのは、上野公園。ホームレスになるしかなかった。当然金もないから、病院には行けない。今まで飲んでいた精神薬系は抜かねばならない。そのホームレス仲間に、医師免許を持っていると言う人が居た。本当の医者だったかはわからない。その医師の指導で、半年かけて、断薬をした。

 そして、生まれ育った父親のいる街に帰ってきた。若社長だ。

 彼には、溺愛する姪がいる。その姪には、四分の一朝鮮系の血が入っている。姪は絶えずリストカットをしている。そして、叔父である彼に「処女を与えたい」と純潔を守っている。ここまで話を聞いて、私は吐いた。

 日本の戸籍で、彼らは、3親等。結婚はできない。言葉を持たない動物でもあるまいし、発情期の犬猫じゃあるまいし、彼もまた、姪と関係することによって、血が強くなると思っていた。韓国では、姪の処女の相手をするのは、叔父だという習慣がある。はじめて聞いた。

 彼は、SNSで出会った女性に、ストーカーほどのメールを送り付けた。そして、姪とその母(彼の姉)までネット上で引き合わせた。メールを送られた彼女は、お遊びのつもりで、そのやりとりをSNSで公開した。

 さて。システムがわからないのだが、精神病を克服した体験者が、今困っている患者の世話をすることをピアカウンセラーと言うらしい。克服というより、病院治療から逃げ出し、自己流で断薬をした者、この経過を正しくピアカウンセリング団体に申告すれば、彼は選ばれなかったであろう。本来は、同性で行う決まりになっている。しかし、彼が担当していたのは、夫にDVを受けている女性だった。その女性についての守秘義務も守らなければいけない任務だというのに、SNSで、その関係も語らせている。

 毎日寝る間もないほど届いていたメールが突然、こなくなった。女性はほっとした。でも、なにかがおかしいと感じた。それは、5月の連休明けのことだ。

 7月末になって、姪からメールが届いた。彼が結婚したことを知らせるものだった。相手は、DVを受けていたピアカウンセリングの相手だ。日本国籍の女性は、離婚してから300日は結婚できないという法律があった。2人は、メールが来なくなった日から入籍した日を計算した。ちょっきり100日だった。SNS公開は、不倫をしていないカムフラージュ。知らせてきた姪の悪意も感じたと言う。

 相手の女性について調べると、朝鮮学校ではないものの、韓国朝鮮系の女性が多く在籍する高校の同窓生だった。

 彼は、いじめられていじめぬかれて、半分の血を抜いてしまいたいと感じたほど憎んでいた母の祖国の流れを持つ女性と結婚したのだ。日本の新しい法律を利用して。おそらく、姪とも、近々、性的関係を結ぶ。新しい妻も、同胞だから理解できる。

 日本に生まれ、日本で育ち、日本語しか話せず、日本国籍なのに、祖国の慣習に従って縛られて生きる。何の疑問も持たずに。利用できるものだけは、日本人になってその恩恵を与る。

 このような、ハーフ、今風にいうとミックス、クウォーターが、日本国籍の中で、この日本の中にいる。日本人と、朝鮮の血を都合のいいように使い分けながら。彼らは、いったいなにをしたいのだろう。
【編集:fa】

関連記事(外部サイト)