【コラム】味までは、パクれなかったか…韓国

韓国が日本のブドウ『ほろよい』をパクリか 日本のものと違い味は渋すぎて苦いとの声

記事まとめ

  • 韓国のブドウ『大黄玉』に日本の『ほろよい』パクリ疑惑が浮上している
  • しかし、味は渋すぎて逆に苦く、セレブが集う高級百貨店で一向に売れていないという
  • とある韓国人農家は『ほろよい』の苗木を中国の苗木業者から輸入したらしい

【コラム】味までは、パクれなかったか…韓国

【コラム】味までは、パクれなかったか…韓国

岡山県産のブドウは、アジアでも大人気

 韓国のとあるブドウ農家のハウスを訪れると、多数のブドウが落ちていた。尻の穴毛まで抜くと言われている韓国人にしては、とても珍しいことだ。

 理由を聞くと、言いにくそうに「まずくて、出荷しても売れない」と正直に言った。そして「韓国人が泥棒だと悪口を言うのは、間違いですよ。日本は日帝時代に、韓国の優れた農作物の品種を盗んで行ったのだから」。とても、日帝時代には生まれているようには見えない中年の農家が続けた。

 この多数落ちていたブドウの品種は「大黄玉」という。日本で近年評判になっている「ほろよい」という品種に似ている。ソウル市のセレブたちが集う高級百貨店で、日本円にして、一房6000円という値段がついている。しかし、一向に売れる様子はない。

 以前韓国が、日本でも大ヒットしているシャインマスカットの苗木を違法に取得して、安価に逆輸出してきたことがある。ただ、日本の本物に比べて皮が厚くて、皮ごと食べられる代物ではないことは、その安価の原因だった。ただ、本当の味も「皮ごと食べられる」ことも知らない中国では、その安さが重宝がられたが。
 
 日本にも一定数、韓国産の偽物でも、安いからいいかという残念な購入者はいる。

 落ちていたブドウの大丈夫そうなのを一粒食べてみた。渋すぎて逆に苦い。確かに、似て非なるものだ。「韓国人は悪くない。日本人のような農業に賭ける匠の気持ちがないだけ」。それが、まずさの原因だと言う。韓国人にしては、正直だなと、少し感心した。

 「ほろよい」は、日本で10年以上の時間をかけて開発された。実が大きく、黄緑色の皮に薄く赤いが混ざったような特徴のある色をしている。韓国人農家は、中国の苗木業者から輸入したと言う。門外不出。日本で厳重に管理されているはずの苗木を、中国の盗人たちはたやすく手に入れられるらしい。本当のところはわからない。

 盗んだ苗木には、育て方のノウハウも、本当の味の微妙なニュアンスも添付されることはない。食べたことがない者が育てても、味までは真似られない。ある意味、コロナ禍によって、盗人がすべてを盗むことはできなくなったというべきか。

 安かったら「この渋みがたまらないと」韓国セレブに売れたのだろうか…キムチに慣れた口には、不完全な果物でも甘く感じるだろうから。
【編集:fa】

関連記事(外部サイト)