【フィリピン】非常に強い危険な「台風22号直撃! 」

【フィリピン】非常に強い危険な「台風22号直撃! 」

FBから(ミンダナオ島北部)

 2021年12月16日午後、非常に強い危険な、台風22号がフィリピンを直撃。各地で避難所が設置され不安な夜を過ごす住民が増えている。10万人以上が避難している。ネグロス島北部では停電に陥っている。夕方には、ミンダナオ島北東部のスリガオ付近に上陸し、深夜から明日未明にかけて、ビサヤ地方(ボホール、セブ、ネグロスなど)を通過すると思われる。

 18時現在、マクタン島在住の尾田慎二さんは「仕事を切り上げ帰宅する人が増えている。今のところ静かで雨も風も無いが、雲は激しく流れている状況。ミンダナオ島ブトアンの友人への電話が通じなくなったので、通信回線や無線設備に被害が出ていると思われる」と話している。

【追記】19時現在、マクタン島在住の尾田慎二さんは「強い雨と強風になってきた。WIFIも遅くなっている。停電の準備を始めます」と話している。

【追記】20時現在、マクタン島在住の尾田慎二さんは「激しい風で屋根のトタンが波打ち、雨の音と共に激しくなっている。レイテ島オルモック病院が強風により建物が損傷しているとの連絡が入った。マンダウエ市全域・ラプラプ市全域で停電、セブ島でも停電が発生」と伝えている。
【編集:af】

関連記事(外部サイト)