フィリピンフェア「東京・帝国ホテル」オープンセレモニー開催

フィリピンフェア「東京・帝国ホテル」オープンセレモニー開催

ホセ・ラウレル5世 駐日フィリピン大使(中央)、大使館推薦のフィリピン人シェフ、マリーヴ・イノマタ氏(右)、帝国ホテル東京 金尾 幸生 総支配人(左)

 2022年4月1日、東京の帝国ホテルでは、本格的なフィリピン料理が楽しめる「フィリピンフェア」が始まった。

 オープンセレモニーが開かれ、ホセ・ラウレル5世 駐日フィリピン大使は「マリーヴ・イノマタシェフの監修による料理をぜひご堪能ください。お召し上がりいただく、ウコイ、ビガンロンガ二サ、トゥロン、ウォーターリリー。この4つのフィリピン料理、色、香り、味、風味のほんの一端にすぎません。ぜひ、実際にフィリピンを訪れて、もっと多くのフィリピン料理をお試しください。ルソン島、ビサヤ地方、ミンダナオ島など、常にフィリピン料理は世界中で知られているフィリピン人の温かいおもてなし、ホスピタリティーの一部となっています。フィリピンでこのような食の体験をもっとたくさんしていただきたいと願っております」と挨拶した。

 2021年に、日本・フィリピン国交正常化65周年を迎えたことを記念し本館1階の「パークサイドダイナー」で4月30日までフィリピン料理が提供される。

 駐日フィリピン大使館では毎年4月を「フィリピン・フード・マンス」と称してフードツーリズムを促進している。帝国ホテルでは3回目となる「フィリピンフェア」では、アラカルトメニュー4品とドリンク1品が登場。料理はいずれも大使館推薦のフィリピン人シェフ、マリーヴ・イノマタ氏によるレシピ提供と監修を受け、フィリピンの伝統料理や家庭料理をアレンジした。

メニュー

●シュリンプかき揚げ“ウコイ”をマンゴー風味のチリソースで 2,800円

フィリピンの家庭料理である“ウコイ”は、エビやカボチャ、玉ねぎ、人参などを使用し、かき揚げのようにカリカリとした食感が特徴。一緒に添えたソースは、マンゴーの甘さとシラチャ―ソースのほど良い辛さがアクセントとなっており、前菜やお酒のおつまみにもぴったりの一品。

●ビガン・ロンガニーサをバーガー仕立てで 3,000円

フィリピンのルソン島北部にあるビガン市を起源とする、豚ひき肉を使ったソーセージ“ビガン・ロンガニーサ”。ジューシーでニンニクと胡椒が効いたビガン・ロンガニーサのパテを、クリーミーなカッテージチーズやパイナップルと重ねてバーガーに仕立てました。サツマイモのフライとオニオンリングを添えて提供。

●ポークアドボ ココナッツとレモングラスの香りで 3,300円

フィリピンの代表的な家庭料理“アドボ”はお酢を効かせた煮物。大きめにカットしたジューシーな豚肉を干しシイタケとともにお酢で煮込み、ニンニク、ローリエ、黒胡椒を加えて仕上げました。 ジャスミンライスとともに提供。

●バナナの揚げ春巻き ココナッツムースを添えて 2,000円

フィリピンのローカルスイーツであるバナナの春巻き“トゥロン”。バナナと紫イモのジャムを薄い皮で巻いて揚げ、ココナッツのムースとバナナのソース、マンゴーを添え、シェイブしたフィリピンチョコレートをのせた温かいデザート。好みで別添えのアングレーズソース(卵黄と牛乳を使ったデザートソース)とともに。

●ウォーター リリー(ノンアルコールカクテル) 1,500円

フィリピンの川に浮かぶスイレンの葉をイメージしてマリーヴシェフが考案したカクテル。カラマンシージュースとソーダをあわせたノンアルコールのロングカクテル。カラマンシーはフィリピンでポピュラーな柑橘類。酸味の効いたキリっと爽やかな味わいで、飾ったすだちとしその葉の香りがアクセントになっている。

※料金はすべて消費税込、サービス料別。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)