【フィリピン・セブ】成田発、マニラ乗り換えで、夕方到着・試してみる! (3)

【フィリピン・セブ】成田発、マニラ乗り換えで、夕方到着・試してみる! (3)

イロイロ行きの表示のまま、セブ行きの搭乗が開始された。 マニラ空港第2ターミナル(国内線)、2022年4月23日

 2022年4月23日、フィリピンを代表するビーチリゾート・セブ。朝9時30分発のPR431便でマニラへ。マニラ到着約3時間ほどで、国内線PR1861便に乗り換えて、18時25分に到着する予定だ。

 マニラ空港第2ターミナル内で、国際線到着→国内線出発まではスムーズだった。4月1日の、フィリピン・アクテブシニア「マクタン島木曜会」メンバーからの指摘でもあるように、案内表示が少なく分かりにくい部分は改善の必要を強く感じる。

 また、搭乗口に表示されている案内フライトは、イロイロ行きのまま、セブ行きPR1861便の搭乗が16時10分頃から始まった。搭乗券記載の時刻は16時30分だった。何度もセブ行きの搭乗を告げるアナウンスは流れていた。

 ほぼ定刻に出発し、マクタンセブ空港には、18時15分に到着した。スーツケースもスムーズに受け取れた。新型コロナへの警戒は続いており、出口付近にはサーモカメラでの体温監視中。一抹の不安はあったマニラ乗り換えでのセブ入りは、予想よりもはるかに快適スムーズ。

 タクシー乗り場には、30人程度の行列ができていた。ラプラプ市内のJALアパートまで、道路渋滞で30分ほど。街の活気は戻ってきている。
【編集:af】

関連記事(外部サイト)