【コラム】中国で暗躍する北朝鮮ハッカーたち

【コラム】中国で暗躍する北朝鮮ハッカーたち

中国のイメージ

 北朝鮮は、日本の報道からすると世界から孤立している感がある。しかし、明らかに国交がないのは、同胞のいる国「韓国」と、同胞が上納金を奪い取る国「日本」、そして「うるさいな! もう」のアメリカ3国だ。表立っての国交がなくっても、いずれの国とも細いパイプ太いパイプでつながっているので、なにかあったら、その国が助けてくれる手はずはできている。

 ご近所で最も仲良しが中国。中国のトップが世界征服を進めているのに関しては、北朝鮮のトップは面白くはないだろうが、お金持ちの国との近所づきあいはとても大切だと思っている…時々ミサイル飛ばしてみるのは、ご愛敬か。

 北朝鮮人民は、とても優秀で、IT関係にも造詣が深い。いい意味ではない。サイバー攻撃やハッキングに関してである。ただ、それを北朝鮮国内で自由に行えるかというとかなり設備投資が必要になってくる。

 然るに、中国のホテルなどで「異国の人」として、あるいは中国人になりすまして生活する。そこで、サイバー攻撃やハッキングを生業として生きている。

 アメリカはこの北朝鮮のハッカー集団を、驚異に感じている。国が背後にあるいかなるハッカー集団より優秀だからだ。彼らのことをただ裏IT業界に詳しいとも思っていない。マフィアや犯罪集団と似た習性があると言いきっている。

 彼らは機密情報も当然盗むが、実は目的は金だ。パソコン上で暗躍する暗号資産を盗んで国益につなげるプロ。それで得た資金で、制裁をくらっている核開発のために使っている。

 彼らは、中国の地にいても国に忠誠を尽くしている。いつ首元に注射されてもおかしくはない。それはトップがその兄弟にすでに行っているからだ。

 北朝鮮で生活するより、多少の自由とおいしいものを食べることができて、国に貢献する。そりゃ、その道しか生きる術がないスキルを持ってしまったのだから致し方ない。

 さて、中国だけでなく、あなたの隣人は大丈夫ですか? 。
【編集:fa】

関連記事(外部サイト)