フィリピン観光省『フィリピンへ行こう! 』ハードロックカフェ東京でPRイベント開催

フィリピン観光省『フィリピンへ行こう! 』ハードロックカフェ東京でPRイベント開催

フィリピン観光省 ニール P. バレステロス 東日本代表(左から3番目・2022年6月6日、ハードロックカフェ東京) 特設ウェブサイト : https://philippinetravel.jp/independence-day-2022/

 2022年6月6日、フィリピン観光省は、人気観光地のホテルや航空券を、日本向けに特別販売する
『フィリピンへ行こう! 』キャンペーンを記念して、ハードロックカフェ東京で、メディア向けPRイベントを開催した。MCは、Tokyo MXの『5時に夢中! 』でおなじみのGOW(ガウ)さんが務めた。

 日本からフィリピンへの旅行のハードルは大きく下がっている。新型コロナワクチン3回接種済みを条件に、日本出発前の新型コロナ陰性証明が不要になった他、新型コロナ感染時の治療費をカーバーする医療保険の加入要件も撤廃された。

 フィリピン観光省は、フィリピンホテルセールス&マーケティング協会(Hotel Sales & Marketing Association of the Philippines)、フィリピン航空、セブパシフィック航空と共同の特別キャンペーンを展開中(6月30日まで)。

 6月12日のフィリピン独立記念日に合わせて行われており、マニラ、セブ島、ボホール島などフィリピンの人気観光地のホテルなど約60施設に加え、フィリピン航空、セブパシフィック航空の航空券を最大75パーセント割引の特別料金で販売する。適用期間は、2023年6月の出発分まで。7月のフィリピン航空・成田ーセブ直行便は6本。関西ーセブ直行便は4本運航する。両エアラインともに日本各地とマニラを結ぶフライトは確実に回復してきている。ANAやJALもマニラ線は増えており、運航再開が遅れているのは、ジェットスターのみ。

 この他にも、エス・ティー・ワールド(STW)と共催で「フィリピン サマーキャンペーン」を実施する。セブ島やボホール島に滞在する5日間のパッケージツアーの他、ダイビングに特化したツアープランも用意する。

 新型コロナ禍で、2020年3月からの約2年間、各地のビーチリゾート地も大きく環境負荷が減り、よりクリーンになった海にイルカが戻ってきたという便りが増えている。伝統料理や歴史建築などの多彩な文化、大自然の中で楽しめるアクティビティなど、デスティネーションとしての魅力も高いフィリピンだ。

 ハードロックカフェ東京では「MEET PHILIPPINES」キャンペーンを開催中。フィリピンのローカルフードをアレンジしたメニューを楽しめる(6月30日まで)。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)