【フィリピン航空】成田-セブ直行便・搭乗率約70%! 8月から週3便運航に

【フィリピン航空】成田-セブ直行便・搭乗率約70%! 8月から週3便運航に

成田空港第2ターミナル・フィリピン航空チェックインカウンター、セブ行き、マニラ行き(2022年7月24日)

 2022年7月24日、新型コロナ・オミクロンBA.5の感染が拡大する中、成田発のマクタン・セブへの直行便PR433便は、搭乗率約70%と好調だ。学校が夏休みに入ったこともあり利用者が伸びている。

 8月と9月、フィリピン航空は、成田ーセブ直行便を増便し、毎週(水・土・日)3往復する予定。関西-セブ直行便は、8月11日と15日の2往復。9月はフライトを倍増して、9月15日、19日、22日、26日の4往復になる。使用機材はエアバスA321。

 フィリピン入国要件は簡素化され、新型コロナワクチンを3回接種済みの接種証明がある場合、陰性証明は不要になった。医療保険の加入要件も撤廃されている。フィリピン入国のための「OneHealthPass」への登録は記入項目が少なくなった。

 成田空港第2ターミナル・サテライト搭乗ゲート近くのレストランや、スターバックス・コーヒーは、閉店のままで、売店で軽食を買い求める人が多い。
【編集:Eula Casinillo】

関連記事(外部サイト)