「麻薬撲滅のための射殺は、まだ僅か1000人」フィリピン大統領が国連の批判に反論

記事まとめ

  • フィリピンでドゥテルテ氏が大統領就任後1000人以上の麻薬関連の犯罪者が射殺された
  • 1000人以上が射殺されていることについて、人道的な配慮が足りないと国連が批判
  • これに対し、ドゥテルテ大統領は「射殺したのは、まだ僅か1000人だ」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております