中国製 偽物ブランドシューズが、本物として浸透ーフィリピン

中国製 偽物ブランドシューズが、本物として浸透ーフィリピン

600ペソで販売されいる中国製 偽物ブランドシューズ。ブランド名は高品質の証として、浸透している。憧れのブランド商品を購入し微笑むジェムさん。

 2016年9月19日、中国製の偽物ブランドシューズが、フィリピンの庶民の間では浸透している。中国製のコピー製品の中でも、ランクがあり600ペソ(約1,400円)で販売されているこのシューズは、作りの良さからスーパーA級と呼ばれる高品質製品だ。

 小さな店でも、毎日2〜3足売れる人気商品。店主は「以前は、粗悪品も混じっていましたが、最近は本物とそん色ないほど品質が向上しています。ただし昨年までは400ペソで販売していたのですが、卸価格も値上がりしています」と話す。

 フィリピンの庶民の間では、偽物ブランドシューズしか価格的に普及できないこともあって、ブランドの偽物を購入しているとの認識は無く。憧れのブランド商品を購入したとジェムさんは、微笑む。

 新大統領の不用意と受け取られる発言の影響で、アメリカとの関係が順調とはいえない中、中国との関係強化にシフトしているとも言われており、南シナ海問題など新政権が解決しなくてはならない問題が山積している。

 中国製の偽ブランド商品は、フィリピン庶民にとっての憧れのブランド品として人気を保ちそうだ。
【編集:高橋大地】

関連記事(外部サイト)