タイで活躍する日本人プロ・サッカー選手御用達のカフェ

タイで活躍する日本人プロ・サッカー選手御用達のカフェ

日陰が涼しい庭の席にはタイで活躍する日本人サッカー選手のサイン見られる。(撮影:高田胤臣撮影)

 2016年9月24日、先日タイ・バンコクにて日本代表とタイ代表のサッカーの試合が行われたが、タイでも日本のJリーグのようなプロ・リーグ、タイ・プレミアリーグが人気で、日本人選手や監督なども数多く活躍している。

 そんな中、バンコクのスクムビット通りソイ39の中ほどに「mame plus cafe G × HAKATA COFFEE」が登場している。タイで活躍する日本人サッカー選手もよく訪れており、選手らのサインなどが店内で見られる。店内のテレビでもサッカー中継が見られたり、サッカーに関係した日本語の書籍も読めるなど、タイ・サッカーを前面に押し出した喫茶店であった。

 この店はmame plus cafe Gと博多から来た茶庵はかた珈琲のバンコク店「バンコク珈琲焙煎倶楽部」のダブルブランドとなっており、タイ産のコーヒー豆で淹れたコーヒーのほか、世界各国の厳選されたコーヒーを低価格で楽しむことができる。

 店はスクムビット通りソイ39で、中ほどのトンロー通りに抜けるソイ・プロムシー1の交差点付近。

【執筆:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)