マレーシアジョホール州立舞踊団カラフルな舞「ツーリズムEXPOジャパン」

マレーシアジョホール州立舞踊団カラフルな舞「ツーリズムEXPOジャパン」

マレーシアジョホール州立舞踊団 身に付けている衣装は、マレー系、中国系、インド系、ボルネオ島の先住民族など、各民族の伝統衣装 動画はhttps://youtu.be/rV1oSLu9gOU

 2016年9月24日(土)〜25日(日)、マレーシア政府観光局は、東京ビッグサイト東展示棟で開催される、世界最大級 旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」に出展する。23日にメディアや関係者向けの内覧会が開かれた。

 23日のブースオープニングセレモニーでは、マレーシア、ジョホール州立舞踊団の舞が披露された(動画 https://youtu.be/rV1oSLu9gOU )身に付けている衣装は、マレー系、中国系、インド系、ボルネオ島の先住民族など各民族の伝統衣装。

 実演アクティビティは、独特の風合いのある、ヘナアート。天然色素のインクを使用しており描いてから1週間ほどで消える。マレーシアでは結婚式などで新郎新婦の手足を鮮やかに彩る風習がある。

 マレーシアで伝統的な、マレー凧の素材は紙でできていて、切り絵のようにパターンを切り抜いて、裏から色紙を貼ることで模様を出す。実際に空に飛ばすことも可能。制作に2週間程度かかる。

 10年連続住みたい国第1位を記念して、ロングステイミニセミナーも開催する。

 ブースの詳細は、下記を参照。
http://blog-tourismmalaysia.jp/archives/52051824.html
【編集:高橋大地】

関連記事(外部サイト)