【タイ】和酒専門の販売、角打ちの「折原商店」がバンコクでオープン

【タイ】和酒専門の販売、角打ちの「折原商店」がバンコクでオープン

日本人在住者の多いバンコク・エカマイエリアにオープンした「折原商店」。(撮影:高田胤臣)

 2016年9月29日、大正13年に東京・池袋で創業した酒類販売会社が運営する、角打ちもできる酒類販売店「折原商店」が本日29日にバンコクでオープンした。

 日本人居住者も多い地区、エカマイの中ほどにある商業施設、パークレーン内になる。角打ちとはいわゆる立ち飲みのことで、販売スペースにあるテーブルで簡単なつまみなどと一緒に日本酒などを楽しめる。

 折原商店の海外支店は他にシンガポールにもあり、満を持して出店してきたバンコクにおいては多数の日本酒などの銘柄を揃えるほか、杯などの酒器も販売している。角打ちで楽しめるように用意された日本酒も多数あり、値段もリーズナブルだ。つまみも100バーツ(約300円)前後からあり、気軽に日本酒を楽しめるようになっている。

 オープンに先駆けて28日夜にはレセプションパーティーが開催され、日本人のほかタイ人や欧米人の招待客約200人が訪れ、振る舞われた日本酒各種や経験豊富な折原商店の日本人シェフたちによる日本料理を堪能した。

 バンコクの折原商店では店舗で購入した日本酒を持ち込める直営の焼き鳥レストラン「白金 酉玉」(しろかね・とりたま)も併設しているが、こちらはソフトオープンでグランドオープンはまだ先になる。オペレーションマネージャーの山中さんによると「予算はひとり2000バーツ(約6000円)以下を予定」と、ほぼ日本と同じ水準で飲食ができる値段設定になる。酒類は輸入費用や高い酒税がタイ国内販売ではかかるにも関わらず、この設定は良心的だ。

 和食ブームにより日本料理店が乱立するバンコクにおいて、折原商店は初めて角打ちのスタイルを持ち込んできたことになる。タイ人にとっては日本式の飲み方としてエンターテインメント性もあり、今後タイの和食業界にどうインパクトを与えていくかが楽しみだ。
【執筆:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)