【タイ】バンコクと郊外に34店舗あるタイ人向け日本料理店「ZEN」

【タイ】バンコクと郊外に34店舗あるタイ人向け日本料理店「ZEN」

約20年前のタイ人向け日本料理チェーン店の雰囲気が今でも感じられて、悪い店ではないと感じた。(撮影高田胤臣)

 2016年10月3日、日本料理ブームのタイでは日本から有名店も進出するなど、日本国外では世界に類を見ないほど日本料理のレベルが高い。

 世界各国の料理が楽しめるバンコクでも特に日本料理店の比率が高く、また日本の観光ビザが免除になって日本旅行ブームも到来している現在、本物の味を知っているタイ人も増えてきた。そのため、数千店はあるといわれる日本料理店も味がよくない店は次々と撤退を余儀なくされている。

 そんな競争の激しいバンコクで20年以上も続く日本料理チェーン店「ZEN」。タイ人向けの店ではフジレストランの方が注目され、その影に隠れてしまっているが、「ZEN」はバンコクとバンコク郊外で34店舗も展開して安定的な人気を誇る店である。

 メニューのラインナップや価格帯はフジレストランと大して変わらないが、どちらかというと近代的な内装が多いフジレストランに比べ、「ZEN」は木造のイメージを持った内装になっている。味もややタイ人向けの印象は受けるが、日本人でも決して悪くはないレベルであった。

 タイ人の間では人気がややフジレストランに傾いているように見受けられるが、その分、食事時の待ち時間が少なくて済むので、「ZEN」はオススメである。
【執筆:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)