【タイ】国王服喪で娯楽施設などが休業

【タイ】国王服喪で娯楽施設などが休業

東京のタイ大使館で記帳する安倍首相を報じたタイメディア

 2016年10月14日、プミポン国王陛下の崩御に伴い、タイ全土の娯楽施設が服喪として30日間の営業自粛を求められている。

 タイ国首相府による通達として発せられた中に、あらゆる娯楽施設及びテレビ・ラジオについては、30日間は服喪期間として通常の営業を控えるようにと記されている。

 また、コンサートや祭り、祝い事についても期間中は中止し、延期をするようにとも述べられている。

 それらがいつ解禁されるのかは、新たな通達を待つようにとされているが、最大で30日間の自粛を余儀なくされる模様だ。このため、タイのマスコミなどは観光客などに対して、予定していたイベントなどの開催については、事前によく確認するようにとアドバイスしている。

【翻訳/編集:RD】

関連記事(外部サイト)