ガラシン舞踊学校が東北地方の伝統芸を披露「タイフェスティバル2017」

ガラシン舞踊学校が東北地方の伝統芸を披露「タイフェスティバル2017」

「ガラシン舞踊学校」によるタイ舞踊(2017年5月13日撮影)

 2017年5月13日、「第18回タイ・フェスティバル2017」の伝統舞踊団による特別公演として2番目に登場したのは、「ガラシン舞踊学校」。同校は昨年も上演しているのでタイフェスファンにはお馴染みの学校だ。14日のステージは、11時45分からの予定。

 タイのテレビ番組でMCとしても活躍しているエームAFも加わり、ガラシン舞踊学校を紹介して特別公演が始まった。

 ガラシンは、タイ東北部ウドンタニーの東に隣接する県名で、東北地方に伝わる伝統的な踊りとして、リズムカルな音楽に合わせて東北地方の人々の生活を再現した楽しい踊りを披露した。

 タイではイサーンとも呼ばれる東北部でも地域ごとに異なる踊りが伝えられており、それぞれの違いを楽しむことができるのではないだろうか。いずれも人々の伝統的な生活、特に生業としていた農業に関するものが多く、豊作を祈る儀式や、日照りの時に執り行われる雨乞いの儀式などに由来する踊りも多く伝えられている。

 タイフェスティバルは、東京・代々木公園で14日20時まで開催中。
【執筆:我妻 伊都】

関連記事(外部サイト)