人気アーティスト4人が夢のコラボライブで最高潮へ 「タイフェスティバル2017」

人気アーティスト4人が夢のコラボライブで最高潮へ 「タイフェスティバル2017」

トリを務めたペック(2017年5月13日撮影)

 2017年5月13日、「第18回タイ・フェスティバル2017」のライブでもっとも会場を賑わせたのが、パラポン(タシャポン・ポンコンセン)、ルークワー(ピジカー・ジッタプッタ)、ヌム・ガラー(ノパシン・センスワン)、ペック(パリットチョーク・アヤナブット)によるスペシャルライブだ。それぞれでも単独ライブで会場を満席にする実力を持つアーティストの夢のコラボライブだ。

 4人とも雨が降る中、ステージ下まで降りて、ファンとハイタッチや握手する対応を見せてファンを感激させていた。

 特にトリを務めたペックは、日本でもアルバムを発売したり、ライブ経験もあるため知名度が高く、ひときわ大きな歓声が送られていた。
 
 4人は、ライブ前後に楽屋で複数のマスメディアの取材を受けていたが、4人とも終始にこやかに受け答えしており、タイの人気アーティストのオーラを発していた。
 
 記者は、ライブ後、楽屋のトイレでパラポンと遭遇し、「素敵なライブをありがとうございます」とワイをして伝えると、笑顔でワイを返してくれるなど人柄を感じさせてくれた。

 タイフェスティバルは、東京・代々木公園で14日20時まで開催中。
【執筆:我妻 伊都】

関連記事(外部サイト)