タイフェスティバル大盛況で閉幕ー東京・代々木公園

タイフェスティバル大盛況で閉幕ー東京・代々木公園

ゴーミスターサックスマン タイフェスティバルの様子(2017年5月14日撮影)

 2017年5月13-14日、世界最大規模のタイフェスティバルが、盛況の中幕を閉じた。13日は雨で来場者が少なかったものの、14日は、朝から大勢のタイファンが訪れ、正午過ぎには、多くのレストランブースに長い行列ができ、30分待ちの店舗も。

 タイ国政府観光庁ブースにカウンターを設けた旅行会社は、十分に用意したパクチーの種とパンフレットの在庫が無くなってしまい、再手配をかけるほど。タイ国際航空のランの配布にも、多くの来場者が集った。

 午後2時過ぎには、メインステージは、超満員。セクシークイーンとして知られるバイトゥーイの登場に熱狂的なファンも多く、最高潮に。

 ファイナルステージは、コーミスターサックスマンが、日タイ修好130周年を記念して両国のかけ橋になろうと作曲したイエロー桜を披露。最後には、同氏のテーマソング的な「パワナ」の前奏が始まると、いままで座っていた観客も総立ちになり、ステージと観客が一つになって踊りながら熱唱し、大合唱が代々木公園に響いた。
【編集:LampangY】

関連記事(外部サイト)