ヨコハマタイヤ・フィリピン工場で、爆発炎上し大規模火災-全焼の可能性も

フィリピンのヨコハマタイヤ工場で爆発事故が発生し炎上 煙が空を覆い尽くし全焼も

記事まとめ

  • フィリピンのヨコハマタイヤ工場で爆発事故が発生し、火災が広がっている
  • この工場は欧州、北米、ASEAN諸国などにタイヤ販売し、年間生産能力は1200万本である
  • 現地では真っ黒な煙が空を覆い尽くし、全焼の可能性もあるという

ヨコハマタイヤ・フィリピン工場で、爆発炎上し大規模火災-全焼の可能性も

ヨコハマタイヤ・フィリピン工場で、爆発炎上し大規模火災-全焼の可能性も

地元メディアのWEBページから

 2017年5月14日、地元メディアによると、横浜ゴムの現地法人、ヨコハマタイヤフィリピン(YTPI)の工場で爆発事故が発生し炎上、火災が広がっている模様。発生は、14日午後3時ごろと見られている。

 この工場は、乗用車用およびSUV用タイヤを生産し、その大半を欧州、北米、ASEAN諸国に市販用タイヤとして輸出しているほか、北米、アジア諸国の自動車メーカーに新車装着用タイヤとして販売している。年間生産能力は1200万本。クラーク国際空港まで3キロメートルの位置で、風向きによっては、航空機の離着陸に影響の出ることも考えられる。

 地元警察関係者の話によると「クラーク経済特別区(マニラから約100km)の工場で、真っ黒な煙が空を覆い尽くしている。全焼の可能性もある」周辺住民の健康被害も懸念されてる。
 
【編集:KL】

関連記事(外部サイト)