【タイ】学校の夏休みが終わり、朝夕の渋滞が増える

【タイ】学校の夏休みが終わり、朝夕の渋滞が増える

2016年ごろから再びバンコクの交通渋滞のひどさが話題になってきている。学生の長期休業が終わったことで、さらに渋滞悪化が懸念される。(高田胤臣撮影)

 2017年5月15日、タイは毎年3月から5月が夏季となり、2017年は3月6日に夏入り宣言がタイ気象庁から出されていた。その間、タイの学校など教育関係はすべて夏休みとなり、タイの児童や学生たちはおよそ2カ月も続いた夏休みを楽しんでいた。

 そんな夏休みが今年は5月14日で終了する学校が多く、5月15日から始業しているところが多い。早いところでは先週から、遅いところでも来週には授業が始まり、子どもたちは毎朝学校へと通い始める。

 世界的に有名なバンコクの交通渋滞。実は渋滞の一因は学生の通学にもある。タイにもスクールバスなどがあるし、多くの学生や児童は徒歩や公共交通機関を使い、自分で通学をする。しかし、私立学校などでは保護者が朝夕に学校への送迎を行うことも多く、それが近隣の渋滞を引き起こし、連鎖的にバンコク全体の交通状況が悪くなるということもある。

 都心は高架電車や地下鉄もあるが、同様に通勤する一般社会人に学生が加わるので混雑が激しくなる。

 この2カ月間、ラッシュ時の渋滞が比較的緩和されていたが、これから10月の中間休み(幼稚園から高校まで)が始まるまで、再び交通渋滞が悪化することだろう。

【執筆:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)