「タイ古式セラピー体験コーナー」東大学祭で医学部生が企画ータイ大使からも激励

「タイ古式セラピー体験コーナー」東大学祭で医学部生が企画ータイ大使からも激励

タイ古式セラピー

 2017年5月20ー21日、東京大学本郷キャンパスで、東大学祭が行われた。今年は晴天にも恵まれ、朝から多くの来場者で賑わった。

 医学部医学科4年生による学術企画ブースでは、今年は手術体験、3Dアナトミー、タイ古式セラピーなどが体験できるコーナーが設けられ人気となった。

 今年初めて行われた「タイ古式セラピー体験コーナー」は、ホームケア向けの、誰でも簡単にトライできるシンプルな肩凝り向けセラピーコーナー。昨年度、学生が講師を招くことができる「自主ゼミ」で、宮原由佳講師によるタイ医学ゼミナールが開講されたことから、同ゼミ運営代表の医学部4年・河井孝夫氏が企画。ゼミ生が事前の練習を行い、常時5〜6人がスタンバイできるシフトを組んで、来場者に癒しのひとときを提供。代替医療に関心の高い人や、休憩を兼ねて訪れる人、体調の悩みを医学部生に相談したい人などが訪れた。

 学生代表の河井氏は「初めての企画でどれほどのお客様に来て頂けるか不安でしたが、2日間合わせて、600人以上のお客様にブースにお越しいただき、多くのお客様に満足して頂けたように感じます。また、医学部学生として、タイ古式セラピーを学ぶことは、単に施術方法を学ぶことのみならず、生体の身体構造の理解を深め、施術と会話を通じて、人に安心を与える経験をすることで、通常の授業では学べないことも学べたと感じています。同時に、単に身体に圧をかけるだけでも押し方により感じ方が違うなど、タイ伝統医学の奥深さにも魅了されたので、これからもタイ古式セラピーを宮原先生から学んでいきたく思っています」と話す。

 また宮原講師は「セラピストと直接触れ合いながらのセルフメンテナンスは、健康に心配を持つ人々にとって何よりも心強く、癒される時間だと思います。今回は、学生の皆さんの、その部分を大切にしたい気持ちにお客様も癒されて、とても有意義な時間だったと思います。お客様側からも、そのような触れ合いを望まれる雰囲気を多々感じました。将来医師を目指す皆さん、代替医療に関心の高い皆さんと、このような機会を持たせていただけてとても嬉しいです。」と語った。

 学祭前には、宮原講師やゼミ代表生らが、東京目黒のタイ大使館パーティーに招待を受け、大使からも激励を受けた。
【編集:KD】

関連記事(外部サイト)