フィリピン旅行や滞在に注意喚起・アメリカ大使館、コロン島では、2人の日本人が行方不明

比コロン島で日本人2人不明

フィリピン旅行や滞在に注意喚起・アメリカ大使館、コロン島では、2人の日本人が行方不明

フィリピン旅行や滞在に注意喚起・アメリカ大使館、コロン島では、2人の日本人が行方不明

フィリピン

 2017年6月2日、マニラのパサイにある「リゾーツ・ワールド・マニラ」(RWM)で起こった事件で、アメリカ大使館をはじめ、イギリス、オーストラリアなどの大使館も注意喚起を行った。

 リゾーツ・ワールド・マニラの事件で37人(容疑者含む)が死亡し、54人が負傷。22人の客と13人の従業員、合計35人が煙で死亡。

 マニラ空港では、セキュリティレベルを上げて対応を始めた。また、一部の現地メディアは、フィリピン最後のフロンティアと呼ばれる秘境・パラワン州のコロン島で、2人の日本人が行方不明と伝えている。イタニ・マサルさん(59)とアライ・ヨシヒロさん(24)。

 小型モーターボートを借りて、宿泊先のホテルを5月30日に出発、翌日になっても2人が戻らなかったため、ホテルが警察に通報した。事件、事故の両面から地元警察が捜索を行っている。
【編集:KL】

関連記事(外部サイト)