ホーチミンの繁華街で一番人気の「sahara」

ホーチミンの繁華街で一番人気の「sahara」

かつては欧米人ばかりの通りだったが、ベトナム人の若者も増え、賑やかなエリアになったブイビエン通り。その中でも「sahara」は大人気。

 2017年6月13日、ベトナム南部の都市ホーチミンにある安宿街デタム通り・ブイビエン通りは、たくさんのバーもひしめき合うように並び、毎夜ベトナム人の若者や欧米人、アジア人で賑わっている。

 中でも人気なのが「sahara」というクラブで、入りきれない若者たちは店の外に設置された席にまで溢れるように座っていた。店内では女性DJが音楽を繋ぎ、客はビールを中心にアルコールと水タバコを楽しみながら踊る。客の年齢層は20代を中心に、50代とも見られる男性客もいた。

 軽食程度の料理もあり、洋食系とベトナム料理のようなものがあった。ビールもバドワイザーを中心に数種類あり、カクテルも揃う。ビールは5万ドン(約240円)レベルで、日本円では安いが、現地価格としてはそこそこ高い部類に入る。それもあって、客のベトナム人は裕福に見える若者が多かった。

 店員は基本的な英語ができるので、外国人だけで入っても問題はない。また、店内の雰囲気もよく、危険な感じはなかったので安心して入れるクラブの一つだ。
【執筆:高田胤臣】

関連記事(外部サイト)