在タイ邦人数が7万人超え

在タイ邦人数が7万人超え

タイ

 2016年10月1日時点で、日本の外務省がまとめた「海外在留邦人数調査統計」によると、タイ在住の日本人(3カ月以上の長期滞在者と永住者の合計)は、73,0337人(前年比4.3%増)で、米国、中国、豪州に続き4位だった。

 海外在住邦人は1,338,477人で、前年の調査から1.6%増加した。男女別では、男性が642,064人、女性が696,413人。 国・地域別で最も多かった米国は421,665人(前年比0.5%増)。2位中国128,111人(同2.3%減)、3位オーストラリア92,637人(同3.9%増)、4位タイ70,337人(同4・3%増)、5位カナダ70,174人(同5.9%増)、6位英国64,968人(同4.5%減)、7位ブラジル53,400人(同1.1%減)、8位ドイツ44,027人(同4.3%増)、9位フランス41,641人(同3.3%増)、10位韓国38,045人(増減なし)。中国は、2012年の150,399人をピークに毎年減り続けている。

 また周辺アジアの各国では、11位シンガポール37,504人(同1.5%増)、12位マレーシア23,693人(同4%増)、13位台湾21,887人(同8.6%増)、14位インドネシア19,312人(同4.6%増)、16位フィリピン16,977人(同0.3%減)、17位ベトナム16,145人(同9.9%増)、22位インド9,147人(同5.7%増)、32位カンボジア3,049人(同22.4%増)、35位ミャンマー2,315人(同30.3%増)だった。
【編集:Tawan】

関連記事(外部サイト)