乃木坂46堀未央奈 いざという時も安心・バンコクの病院は大きくて綺麗

乃木坂46堀未央奈 いざという時も安心・バンコクの病院は大きくて綺麗

乃木坂46堀未央奈

 2017年6月19日、東京都内のFUJISOFTアキバホールで、タイ国政府観光庁(Tourism Authority of Thailand)による「乃木坂46タイ観光大使就任記者発表」が開催された。

 プロモーション動画「こんなタイ知らなかった」バンコク編の撮影で同地を訪れた乃木坂46堀未央奈さんは、体調不良でバンコクの病院を受診したことを明かした。

 「バンコクの病院に行って、一人だけ不思議な体験をたくさんしました。病院は大きくて綺麗で、皆さん優しくて。バンコクの病院に行く機会はあまり無いので、それはすごく貴重な経験でした」と話した。 安全面については「タイの人は本当に良い人が多くて、私も体調を崩して改めて気づいたんです。病院の方もホテルの方も皆さんに支えてもらいました。ちょっとしたアクシデントがあっても、タイは皆さんが本当に良い人なので助かると思います」と伝えた。

 タイ医学研究家の宮原由佳さんは「タイの医療機関は、公立や地方の病院と私立病院(特に都心部)では、その医療サービスにかなりの格差があることも社会的な課題に挙げられています。都市部の私立病院では高級ホテル並みの内装に、世界的に見てもかなりの先端的な医療技術を誇り、欧州や中東の裕福層が絶えず訪れるほど、信頼性の高いサービスを提供しています。タイ国内では52の病院がJCI認証(医療品質や衛生管理に関する国際医療評価)を取得。日本は23病院しかなく、タイのJCI認証取得病院数はアジア最多の数になるほどです」とタイの医療事情について説明する。

 タイは、医療ツーリズムにも力を入れいて、技術の高い医師や、日本語通訳も常駐しており、言葉の心配もなくリラックスして治療を受けることができる。
【取材/撮影:安麻比呂】

関連記事(外部サイト)