【タイ国際航空】英国「ワールド・エアライン・アワード 2017」3部門受賞

【タイ国際航空】英国「ワールド・エアライン・アワード 2017」3部門受賞

パリ航空ショーで行われた授賞式に出席したタイ国際航空ウサニー社長代理(右から4番目)?

 2017年6月28日、タイ国際航空(TG)は、英国の航空業界専門の調査会社であるスカイトラックス社が行った「ワールド・エアライン・アワード2017」で、「World’s Best Economy Class Airline」、「Best Economy Class Airline Catering」、「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」の3部門を受賞したことを発表した。

 「World’s Best Economy Class Airline」と「Best Economy Class Airline Catering」は、タイ国際航空が一位となった。「World’s Best Economy Class Airline」は、空港および機内におけるエコノミークラス全般の品質とサービスに対する利用者からの評価の高さを表すもの。「Best Economy Class Airline Catering」は、エコノミークラスの機内食を評価するカテゴリーだ。

 「World’s Best Airline Lounge Spa Facility」は、3年連続の受賞となった。対象となったラウンジは、バンコクスワンナプーム国際空港、コンコースDに位置するロイヤルファーストクラス、ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)の利用者を対象としたラウンジ。ロイヤルファーストクラスの利用者には、首や肩、足マッサージに加え、全身のスパトリートメント(60分間)を提供している。

 ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)の利用者には、首・肩マッサージまたはフットマッサージ(30分間)を用意している。

 今年の調査対象期間は、2016年8月から2017年5月。320以上の航空会社について、1,987万人の旅行者を対象に行われた。
【編集:LampangY】

関連記事(外部サイト)